2016/01/06
型枠工事について

型枠工事とは、まだ硬化していないコンクリートを流し込んで、設計された形状を正しい位置に作り上げるための「型」を作る工事です。コンクリートの打ち込みから硬化するまでの間、計画された形状と位置を精度よく維持するために、コンクリートを養生することが重要となります。

今回は「型枠工事」についてお伝え致します。

1.) 枠型材料の種類

■木製型枠
マツ・スギ・ヒノキなど
■コンクリート型枠用合板
日本農林規格で規定する表面加工品または表面加工品以外
■金属製型枠
メタルフォーム・アルミ合金パネルなど
■その他
プラスチック・紙(特殊耐水紙)・コンクリート製品など
■特殊型枠
デッキプレート・ラス型枠など

2.) 型枠の材料に関する用語

■セパレーター
型枠のせき板相互の間隔を保持する目的で使用する金具
■フォームタイ
枠型締め付け用ベルト
■コラムクランプ
柱型枠を四方から水平に締め付けるための帯鉄
■ターンバックル
ネジによる引き締め金具

DATE

2016/01/06

SNS

  • facebook
  • ツイッター
  • googleプラス
  • ライン

TRACKBACK