2015/10/16
〜レベル(オートレベル)の使い方〜 建築メモ

レベル(オートレベル)

レベル(オートレベル)とは、やかさの差を測り水平を出す道具です。
建築工事や外構工事の始まる前に、周りとの高さの差を出し敷地を道路などの外回りより少し高くしたりします。

工事を始まる前にレベル(オートレベル)で正確な数値を出しておかなければ、
大雨の際に水はけが悪くなったり、玄関の段差が大きすぎてしまったりなど大きく影響します。

レベル(オートレベル)の正しい使い方を知り、ミスのない作業を進めましょう。

 

■1.三脚の据え付け

三脚下部のバンドを外し、蝶ねじを緩め、三脚を適切な長さに伸ばします。そして1本の脚を基準にして、他の2本の脚を持って開きます。

三脚頭部面が出来るだけ水平になるようにします。その後石突を踏み込み固定します。(軟弱な地盤では特に強く踏み込みます。)

■2.レベル本体の取付

ケースのベルト両端のバックルを斜めに引き上げて、蓋を外し、本体を静かに取り付けます。静かに三脚脚頭に乗せ、本体底部の雌ネジに定心桿ネジをねじ込んで固定します。

方向を測るため水平目盛つきの本体を利用するなど、あるポイント上に正確に据え付けなければならない場合には、垂球を用います。垂球釣り糸を掛けて、自在金の長さを調整し、垂球がポイントの真上に来るように、定心桿を緩めて本体を移動します。

■3.本体の整準

まず望遠鏡を3本の整準ネジの中の2本と平行の位置にします。(その平行な整準ネジをA、Bとします。)次に円形気泡管の気泡を整準ネジABを同時に回してほぼAB間になるように気泡を導きます。その時ABのネジを回す両手の動きはそれぞれ逆方向になるようにします。すなわち両手を内側にねじ込むように、あるいは外側に開くようにネジを持った手を回します。それが終わったら最後に1本残った整準ネジ(Cとします。)のみ用いて、気泡が気泡間に導きます。

気泡が中に入ったら、望遠鏡を180°回転させて、それでも気泡が中央にあり続けるかどうか確認します。(もし気泡がずれる様でしたら気泡管の異常が考えられますので、整準を行ってください。)

■4.望遠鏡の視準調整

望遠鏡を覗いて十字線がはっきり見える様に視度環を回して調整します。

続いて、望遠鏡上部についている視準望遠鏡、視準目標(標尺目盛)の方向の2点が一致する視準線になる様に望遠鏡を目標方向に向けます。合焦ハンドルで目標がはっきり見える様にピントを合わせて、ピントがあった段階で水平微動ネジを回して目標目盛が読める様に望遠鏡の十字線と合わせます。

次に顔を上下方向に動かして視差(パララックス)が無いことを確認して下さい。最後に円形気泡管を接眼レンズ側から反射鏡を通して確認し、円の中に気泡が収まっていることを確認します。

以上で実測可能状態となります。

 

DATE

2015/10/16

CATEGORY

事前準備

SNS

  • facebook
  • ツイッター
  • googleプラス
  • ライン

TRACKBACK